消費者金融一押しのスピードキャッシング!

プロミスで即日キャッシング

プロミスはスピーディーな審査で最短30分!スピーディーにご対応いたします。来店不要!インターネットで簡単にお申し込みできます。

おススメ度★★★★★⇒ メアド登録とWeb明細利用で★30日間無利息サービス!★

消費者金融の特徴

消費者金融のキャッシングといえば、「誰にでもお金を貸すところ」と思われがちですが、それは”神話”に過ぎません。

確かに銀行系の消費者金融がターゲットとする顧客層とは違っていますが、「誰にでも貸さない」のが消費者金融のキャッシングです。

消費者金融は、個人向けの無担保キャッシングから多くの経験により、数多くの貸付に関するノウハウを積み上げてきました。

利用者が消費者金融に申し込んだ場合、「自動与信システム」による貸出審査を数秒~数分で行うことで、即日キャッシングを可能にしています。

銀行系のキャッシングもこのような与信システムを利用していますが、消費者金融と提携することにより、こうしたノウハウを導入した結果です。

消費者金融キャシングの堅い利用方法は、給料日前の数日間や、急に少額のお金が必要となった場合などの短期利用に向いていると思います。

短期無利息や利息キャンペーンなどのサービスも見逃せません。
堅く使えば、「快適なキャッシング・ライフ」を体感できるはずです。

大手消費者金融系キャッシングを一覧で比較

アコム

実質年率 限度額 審査
4.7%~18.0% 1万円~500万円 公式サイトにて
ご確認ください
消費者金融のキャッシングといえばアコム。いつも先をいくアコムは新金利4.7%~18.0%。
お申し込みはこちら⇒ ≪実質年率4.7%〜18.0%≫ ネットでお申し込みOK! 安心のアコム

消費者金融系審査基準になぜ通らない?

「消費者金融審査基準」なるものがある。

消費者金融などの金融機関からお金を借りる場合、申込書に住所や氏名、年齢といったごく普通の記載内容の他に、イヤでも白状しなければならないことがある。

家族構成や職場環境はもちろん、他の消費者金融からキャッシングしていないか、しているとすれば何社から?クレジットカードの利用枚数は?などなど。。。

「消費者金融審査基準」は、過去の膨大なデータを基に、個人のそうした情報を取得することによって、ある一つのモデル像を作成する。

仮にモデルAとしよう。Aはお金を借りた場合、キチンと返済し、100万円貸しても完済する能力がある。

一方モデルBは、50万円までは返済するが、それ以上貸したら、翌月から返済が遅れる。

だからAには100万円貸そう。モデルBには、50万円までしか貸せないな。

そうして提示された貸付金額が「与信額」といい、絶対的な貸付金額になる。

また、「与信額」は変化もする。返済していればモデルAのように貸付金額が増し、返済が遅れればモデルBのようにそれ以上貸さないし、最悪の場合「約束を守らないのであれば、今すぐ全額して下さい」ということにもなる。

いずれにしても消費者金融のキャッシングでは「消費者金融審査基準」をパスしなければ借入も何もないのである。。。